記事一覧

相談者のための勉強会「再生プログラム」

多重債務が単に借金の問題であるなら、法的手続により借金はゼロ、もしくは収入の範囲内で返せるよう返済計画を立てることで解決・再生できるはずである。ところが実際には、一度借金を法律で解決した後もまた借金を繰り返してしまう人がいる。それは、借金を法的に処理しただけでは、その人の心の持ち方や考え方、生活パターンが変わっていないために、生活の立直しにつながらず、根本的な原因の解明、問題の解決に至っていないためと考えられる。そこで女性自立の会では、個別のクレジットカウンセリングのほかに、相談者がともに集い、学び、成長するための勉強会「再生プログラム」に取り組んでいる。

勉強会では基本的な家計簿のつけ方、心と家計の立直し方のほかに、消費者カクイズと題した消費者知識の習得にも取り組んでいる。知っている人にとっては当たり前の消費者知識でも、知らない人にとっては大きな落とし穴となり、そこから多重債務につながるケースもある。参加者が生きてきた過程のなかで間違って習得してしまった知識と思い込みを正しい知識へと修正する作業によって、参加者は自分の間違った思い込みに気がつき、知らないことを知る喜びを実感する時間となっている。2009年度からは、再生プログラム参加1年未満の方を対象とした「初級クラス」と、再生プログラム参加1年以上の方を対象とした「応用クラス」の2クラスに分けて、その再生過程に合わせたプログラみに取り組んでいる。

この勉強会を通して、過去の自分を振り返り現在の自分と向き合う時間をもつことで飛躍的に成長していく相談者が多い。その成長に触れるごとに、再生プログラムは相談者の再生に有効だと実感している。ちなみに再生プログラムは、相談者ができる限り参加しやすいよう土曜日の午後に行い、参加費は茶菓の実費負担というルールで進めている。それでも再生中の相談者であれば交通費もかかるので遠方からの参加であれば負担になるのだが、毎回参加してくれる人もたくさんいて大いに励まされる。