記事一覧

すべての借金を対象にする重要性

仕事がうまくいかない、夫婦関係がギクシャクしている、いろいろストレスがたまる。そんなことが身のまわりには次々に起きてくる。このような苦しみから逃げるために次々に買物したり、パチンコに凝ってしまったりする人がいる。逃げ回るのはもうやめよう。正面から苦しみに立ち向かいながら、生きていく楽しみを見出そう。これは口でいうのは簡単だが、決してたやすいことではない。だからこそ、家族や周囲の人々の温かい支えが必要なのである。解決のためには、すべての借金を本人が書き出すことが絶対に必要だ。「忘れた」とか「領収書を捨ててしまったからわからない」といっても、それをそのまま鵜呑みにはできない。

それはたいてい嘘。そんなことをいうとき、本人はまだ十分に心を開いていない。なぜなら、頭のなかにはこの何ヵ月もの間、借金のことしかなかったはず。「どこに、いつ、いくら支払うか」これで頭がいっぱいだったのに、そんなに簡単に忘れるはずはない。メモがあって当然だ。メモがないときでも、よく思い出してもらえば、かなりのことが再現できる。これをいい加減にしてしまうと、解決方法の選択で大きな間違いを犯し、悔いを残すことになる。借金のなかには、もちろん保証債務も含まれる。借金するために友人と互いに保証人になり合ったということもよくある。そのとき、「この借金は友人が支払うことになっているから大丈夫」ということは通用しない。保証人になり合うような友人はアテにならない。

「これくらいなら他人の力を借りなくても自分1人で支払っていける」とか「ここだけは自分が支払っていこう」などと考え、借金の一部を隠す人は少なくない。それは、プライドというより、見栄や虚栄心からだ。暴力金融からの借金だけを隠して、それを支払っていると、またまた行き詰まってしまうということにもなりかねない。友人に頼んで借金してもらったり、親に頼まれて借金を重ねるということも珍しくない。これらの名義借用のケースも、保証人のときと同じで困難を抱えている。いずれにせよ、、正確に債務一覧表に書き出すことが不可欠だ。新しい人生のスタートをしっかり切るためには、すべての借金を書き出して、完全に解決し切ることが絶対に必要である。