記事一覧

借金の整理は必ずできる

わたしは相談者に対して、まず次のように問いかけている。「あなたは、たくさんの借金を抱えて払いに行き詰まっていながら、その日暮らしをしていませんか? 借金支払のために借金を重ねていても、いつになったら終わるのか、見通しはまったくありませんよね。いつまでも高い金利を支払わなくてはなりませんし、元金はちっとも減っていないのですから」そして、「借金の整理は必ずできます。まず、このことに確信をもつ」ように訴える。そのためには、次のことが必要である。「第一に、借金を全部書ぎ出し、全部を解決すること」「第二に、モノにこだわらないこと」「第三に、家族とよく話し合うこと」肝心なことは、早く解決することより、完全に解決することである。

時間が多少かかっても、心身ともにスッキリして人生を新しく再出発できることのほうが大切だ。解決する方法はいろいろある。必ずしも自己破産申立しかないとは限らない。いずれにせよ、借金を抱えてきた頭のなかと生活をきちんと切り替えることなしには、決してうまくいかない。いくら周囲の人が心配しても、当の本人がその気にならなければ、結局、一時しのぎで終わってしまいかねない。いくら解決のために大金を投じてみても、貸金業者などを喜ばせただけで、虚しさだけが残ってしまうことも多い。「せっかく手にしたマイホームだから、なんとかこれを確保したい」「いまのマイカーだけは手放したくない」「ピアノだけは子供のために残しておきたい」「家にある家財道具には愛着があるので、みんな残しておきたい」。

それぞれ、もっともな心情である。普通なら、それでよいだろう。しかし、たくさんの借金を抱えてしまったからには、いったんはモノに対する執着心を捨て去り、生まれ変わったつもりで裸になって新しい人生をスタートする。このように頭を切り替えるべきだ。モノにこだわると、たいてい支払に無理が生じて、生活がまたもや行き詰まってしまいかねない。生活を立て直すためには、家族の理解と協力が不可欠である。家計を一本にまとめて支払と生活費をそれぞれ分担する。このとき、金銭的な援助を受けられずに精神的な気持ちの支えになってもらうだけのこともあるかもしれない。それは仕方のないことだ。